読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中のイケさんキタさん

日々感じたこと、暮らし、おすすめを、エモくゆるく書く雑記ブログです。

人見知りで根暗がコンプレックスだった私が、一瞬でラクになった魔法の言葉

エッセイ

私の中にはとても頑丈な扉があります。

 

いつからこうなってしまったかは原因がありすぎてもはやよくわからないけれど、今までの人生で幾度となくこの扉を守るための自衛として"人見知り"を発揮し、なるべく目立たないように生きてきました。

 

f:id:tmppppp12:20170104023959j:plain

そんな性格を20年近く続けていたものだから、本当はもっとフランクに話したいとか、あの子みたいにノリがよくなりたいとか、だんだんと自分の性格と気持ちのギャップがしんどくなって、周りの顔色を伺うことを辞めれずにぐるぐる考えてしまうようになっていました。

 

ある日、そんな人見知りと根暗を自負している私を、とある人の魔法の言葉が救ってくれました。スーっと内に沁みて、それから物の考え方が180度変わったんです。

 

今日はそんな私を救った魔法の言葉についてお話します。

 

実の父親とさえ、まともに話せなかった20年

雛鳥が親を間違えて刷り込みをしたのではと疑うほどに、私は実の父親にすら心の内を晒せない子供でした。

 

まるで他人のように気を遣って、子供らしい甘え方やおねだりなどはできていなかったように思います。

 

 

理由は思春期でもなく、男女の差でもなく。

 

 

たしかに父は公務員だったので家を空けることも多く、とても厳格でクソがつくほど真面目で、どことなく威圧感のある人でした。

 

食卓を囲むときも誰も言葉を発さず、かといって空気を割って話しだせるほどの勇気もない、家族の顔色すら伺ってしまう子供。なんて可哀想。


サザエさん一家のような和気あいあいとした家庭環境ではなかったことも影響しているのではと思いますが、とにかく重症レベルで内向的な人見知りだったんです。

 

母や兄弟とは話せても、父だけがどうしても苦手で。それは関係の構築のせいでもあるけれど、自分の臆病な性格も相乗していたんだなぁと思います。

 

さすがに結婚してからは少しずつ話せるようになっていますけどね!

 

とにかく第三者に会話を聞かれるのがこわい

これは小学生の頃から意識しだして今もその癖は抜けないんですけど、誰かとの会話を同じ空間にいる第三者に聞かれるのがこわいというか、苦手なんです。

 

雑踏の中でべちゃくちゃお喋りするなら何とも思わないんです。カフェとか、人混みとか。

 

でも、学校や会社で自分が話しだした瞬間その場が静かになったりすると、口調とか内容をすべて聞かれて、話している様子だけで自分という人間が評価されているんじゃないかと不安になってしまう。

 

当時から自意識過剰なんだとか人見知りだからこんなに気になっちゃうんだって悩んでいました。

 

大人になるにつれて改善したのですが、調べてみたら「場面緘黙」(かんもく)の症状に似ているなぁと妙に納得しました。

 

近年、場面緘黙は、「不安症や恐怖症の一種」と捉えられるようになってきました。
「話すのが怖い」のではなく「自分が話すのを人から聞かれたり見られたりすることに怖れを感じる」ととらえて支援を行なう考えが主流となっています。

引用元:http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/1800/217342.html

 

場面緘黙についてはこちら

 

ちなみに話すことができないわけではないので、緘黙ではないです。もともと気にしやすい気質だったり内向的な性格が原因でなる場合もあるようですね。

 

今思えば自分自身が人が話しているところを見て表情だったり、語調だったりを無意識に観察して色んな感情を察知してしまっていたから、自分もそうされているのでは、と思い込んでいたんですね。

 

慣れない環境だと黙々と作業してしまったり、気の利いた会話ができなかったりするのが今でもあります。周りは全然気にしていないのに、一種の被害妄想というか、「自分はつまらない人間」と自分自身で敏感に感じて責めてしまうんです。

 

なので小さい頃から自分のことはずっと根暗だと思っていて、それを良くも悪くも都合よく使って生きてきました。

 

ある日言われた、魔法の言葉。

f:id:tmppppp12:20170313022340j:plain

会社の上司と同僚を交えての女子会があった時に、私は周りに自分がどう思われているのか気になって、意を決して聞いてみたんです。

 

「私って、どういう風にみえてますか?」

 

すると、上司は逆に質問返しをしてきて、私が自分のことをどう思っているのかを聞いてきました。

 

「根暗だなって思います。人見知りなので…」

 

そう答えると、上司は想像もしない回答をしてきました。

 

「キタちゃんは根暗というか、静かだよね」

 

電気が走る、なんて大袈裟な表現ではないけれど、なんでか視界がクリアになっていくというか、張りつめていた糸が緩んで、「あ、そうか…」とキョトンとしてしまったのを覚えています。

 

根暗ではなく、静か。

 

このちょっとした言葉の変換が、私の長年の呪縛を解き放つ魔法をかけてくれたんです。

  

根暗だと重々しくて、鬱々としていて、負のイメージが強いけれど、「静か」なら小川のせせらぎのような、図書館の中にいるような落ち着きと安心感がある。

 

そうか、言葉一つでこんなにも人の印象は変わるんだなって、そのときすごく感じました。言葉ってすごいものなんだって。

 

魔法の言葉は、日常に散らばっている 

そういえば高校時代の友人と居酒屋で飲んでいたときも同じようなことがあって、彼女の相談にのったことがありました。

 

彼女は職場で後輩に教える立場になったことについてすごく悩んでいて、自分は人の上に立って指導できるような柄じゃないし、言い方もうまくないからキツくなって怖いと思われる、と言っていました。

 

たしかに彼女は目つきもいい方ではないし、癒し系というよりはクールなタイプ。装いもおしゃれだから、親しみを持つというよりは憧れに近くなりやすい。日本の古風顔のせいでクールと勘違いされやすいんです。

 

でも、高校時代から知っているから言えるけれど、彼女は決して頭がよくありません。

 

それはテスト勉強ができないとかそういうのではなくて、天然というか、抜けているというか。居酒屋で焼き鳥を2本頼んでたつもりが4本だったみたいな、おバカさんをちょいちょい挟んでくるような子なんです。

 

その子と話していたときに、

 

「◯◯はクールっていうより、おバカさんだよね」

 

って笑いながら言ったら、図星だったのかその子もすごく笑ってくれたことがありました。

 

そうそう、その言葉を言ってもらいたかったの!そう思ってくれてるのあなただけだよ、ってうれしそうに言ってくれたのが、私もうれしくて。

 

そしてそのとき、私は打算的で、周りを観察して自分が得するように損得勘定で動いちゃうんだって話をしたら、

 

「◯◯は賢いよね。周りをよく見て、うまく立ち回っててすごいなって思う

 

ってその子は言ってくれたんです。賢い???

 

上司に「静か」と言われたのも、友人に「賢い」と言われたのも、本当に心の底からうれしくて、何かが足の底から込み上げてくるのを抑えきれませんでした。

 

自分の姿は、自分で決めるものじゃない

f:id:tmppppp12:20170313021625j:plain

静かで賢いのかは本当のところはよくわかりません。もしかしたらお世辞かもしれないし、本音かもしれない。でも、その言葉を私に贈ってくれたこと自体が、もうこれ以上ない財産なんです。その優しさが、私を呪縛から救ってくれたんです。

 

ずっとネガティブに自分をカテゴライズしていたけれど、わかってくれる人が傍にいてくれればそれだけでいいのかもしれません。

 

自分の姿は自分の目では見えないもの。周りのほうが、ずっとよくわかってくれている。

 

だから私がそうして魔法の言葉を贈ってもらったように、私も誰かにとってあたたかい言葉を贈れるような、そんな人になりたいと思います。

 

2017年にやりたい100のこと、今さら発表します!

決意 2017年 やりたいこと

こんばんは、キタさんです。真夜中ですがお元気ですか?私は元気です。

 

さて、さっそく本題に入りますがタイトルを見て石を投げつけないでください。おせーよ!って想定内のツッコミは心の中だけに留めてください。

 

2017年になって1ヶ月が経過し、もうすぐ2月も終わろうとしています。一足も二足も遅れて今年やりたい100のことを晒しますので、協力してくださる方はお気軽にお声がけください〜〜!!

 

※ジャンルごちゃまぜ

 

1:家族みんなの時間を大切にする

2:母方の祖父母の家にイケさんを紹介しに行く

3:「いってらっしゃい」「おかえりなさい」

「おつかれさま」「おやすみ」を毎日欠かさない

4:ご飯のレパートリーを増やす。

5:ココの膝蓋骨脱臼を完治させる

6:結婚式を挙げる

7:毎月最低でも5万は貯める

8:季節のイベントごとは欠かさず楽しむ

9:愛犬も一緒に家族旅行をたくさんする

10:窓ガラスが割れるような大喧嘩はもうしない

 

11:ふたりでできる新たな趣味を見つける

13:家でパンを作れるようになる 

14:月一でちゃんとしたデートをする

15:家族の似顔絵を描いてもらう

16:お弁当を作る 

17:フィンランドムーミン谷のみんなに会う

18:岐阜県に行く

19:島に行く

20:愛犬×旅の協賛営業の目処を立てる

 

21:愛犬×旅の応援者、協力者、メンターを見つける

22:イケさんと海外旅行に行く

23:写真をたくさん撮って個展を開く

24:中国で中華統一の歴史に想いを馳せる

25:フリーランスで月20万以上稼ぐ

26:プレスツアーにできるかぎり参加する

27:退職後はTABIPPOで月10記事以上書く

28:寄稿先を増やす

29:ブログで月3万以上の収益が出る仕組みを作る

30:そこから更に収益を増やす

 

31:フリーでも会社同様のタスク管理感覚を身につける

32:LINEスタンプを作る

33:旦那さんとデザインの仕事をする(まずは小物から作る)

34:字幕の案件、人脈を増やす

35:「ひとり旅完全ガイド」のようなコラムの仕事を増やす

36:とっておきの名刺をつくる

37:集中力を身につける

38:ラジオに出演する、声に関わる仕事をする

39:指全てを使ってタイピングできるようになる

40:愛犬グッズを自作して販売

 

41:Twitterのフォロワー1000人超え

42:バナー作れるようになる

43:Macに慣れる、アプリ使いこなせるようになる

44:ライティングの勉強を真面目にする

45:誰とでも気軽にサシ飲み、ごはんに行けるようになる

46:PS4の時間を確保する

47:お金のかからない遊びをする

48:陶芸体験をする、ろくろを回す

49:海釣りをする

50:気球に乗る

 

51:乗馬をする

52:学生時代のように舞台を観に行く(蜷川さんのはもう観れないけど…)

53:森美術館などの展示会に行く

54:ボルダリングをする

55:川でバーベキューをする

56:人生初のキャンプをする

57:映画を100本観る

58:本を100冊読む

59:富士山に登る

60:代々木公園でお花見もかねた牛丸会を開く

 

61:クリープハイプのLIVEに行く

62:スケボーできるようになる

63:スノボーできるようになる

64:将棋のルールがわかるようになる

65:毎日絵日記を描く

66:家庭菜園を始める

67:お気に入りのテーブルをDIYする

68:愛犬のインスタグラムを毎日更新する

69:お気に入りのお店を見つける

70:行ったことのない水族館に行く

 

71:ゲームサントラのオーケストラを聴きにいく

72:トランペットを復活させる、吹く

73:お酒を飲むときは楽しみながら有益で建設的な話をする

74:流されないで断れるようになる

75:友達を呼んでホームパーティーを定期的にする

76:その人に合った映画をおすすめできるようになる

77:政治経済、社会の仕組みがわかるようになる

78:マーケティング、Webについて勉強する

79:観葉植物を部屋に飾る

80:目を見て話せるようになる

 

81:仕事に集中しつつフランクな雰囲気を出せるようになる

82:イタリア語、フランス語、英語を勉強する

83:マフラー、アクセサリーなどのハンドメイドを復活させる

84:愛犬の服を作る

85:素肌美人になる

86:10㎏健康的に痩せる

87:メリハリのある筋肉をつける

88:週4でジョギングをする

89:マシュマロ肌になる

90:毎日マッサージとストレッチをする

 

91:半身浴をする

92:化粧したまま寝ない

93:早寝早起き、体内時計を直す

94:タクシーを使わない

95:温かい食べ物、飲み物を意識して基礎代謝をあげる

96:腸内環境をよくする、ヨーグルトを毎日食べる

97:ネイルをする

98:白のリネンシャツが似合う女性になる

99:垢抜けた髪型にする

100:人に優しく、自分に厳しい人間になる!

 

以上!番号振るのすごく大変だった…!!(そこ?)

 

 

今更?と恥をさらしてまで何故この目標を晒したのかというと、私は自分にとてつもなく甘い飴玉野郎だからです。

 

気がつけば知らぬ間にどんどん歳をとっていて、確実に老いていき時間は消費する一方で戻ってこない。だからノウノウと突っ立つのは、ただ日々をこなすのはやめようと思った次第です。

 

たった一度きりの人生だもの。

 

もう思いっきり生きたから、人生飽きたよね?じゃあそろそろ逝きますか!くらいまっとうして笑って幕を閉じれるくらいの人生にしよう。そう思って。

 

 

だからこの「死ぬまでにしたい100のこと」を書くBUCKET LISTとも真剣に向き合わなきゃー!

f:id:tmppppp12:20170210010522j:plain

BUCKET LISTってなんぞや?と気になったそこのあなた!ざっくり言うと、死ぬまでに叶えたい100のことを記入して管理できる手帳です。

 

「人生の100のリスト」で有名な作家・旅人のロバート・ハリスさんの考えにインスパイアを受け作成されました。

f:id:tmppppp12:20170210011128j:plain

叶えたい願望を可視化して明確にできるうえに、別ページには絵日記のように達成した時の思い出の写真を貼ったり、イラストを描いたりできるスペースが作られています。

f:id:tmppppp12:20170210011401j:plain

我が家のうしまるさんも興味津々!うしまるのやりたい100のことは何だろう…?愛犬用にもう一冊買っちゃおうかな。

 

もちろん100個で足りない人は2冊3冊と買い足したっていいですし、毎年100個叶えるのも素敵ですよね。

 

叶えたい夢や人生でやり残していることはありませんか?なんとなく日々を過ごしているかも…と感じるなら、ちょっとひと休みして自分のやりたいことを文字にしてみるのもいいかもしれませんよ。

 

BUCKET LISTは、世界一周団体TABIPPOが立ち上げた旅のモノづくりブランド「PAS-POL」の公式オンラインショップから購入可能です。

pas-pol.jp

 

それではまた真夜中にお会いしましょう。

 

節分の恵方巻きを◯◯で作った話

イベント 家族

昨日は家族になって初めて迎える節分。

某寿司屋アルバイトで培ったスキルを発揮しようと、昨日は恵方巻きをつくりました!

 

愉快な愛犬たちとイケキタ夫婦の節分風景をごらんください。

 

まずは今回のスタメンを紹介

f:id:tmppppp12:20170204205423j:plain

用意するものは酢飯、お好きな具材、太巻き用の海苔です。具材を切って用意する流れは割愛しました。

 

酢飯の作り方は白ごはん.comさんのこちらを参考にどうぞ!

www.sirogohan.com

 

今回我が家で用意したのは、めばちマグロ、スモークサーモン、蒸しエビ、たくあん、玉子、きゅうりです。

 

心なしかうしまるも心配そうに見守っています。

 

f:id:tmppppp12:20170204211332j:plain

ちゃんと作れるの?

f:id:tmppppp12:20170204211436j:plain

ほんとに?

f:id:tmppppp12:20170204211511j:plain

ほんとかなぁ?

f:id:tmppppp12:20170204211522j:plain

う〜ん、心配。

 

大丈夫、キタさんにまっかせなさい!

 

と、ここで問題発生!

巻き寿司作りに欠かせない神器でもある、巻き簾がない!

(巻き簾=竹で作られた寿司屋でよく見かけるもの。分からない方はググってね。)

f:id:tmppppp12:20170204213849j:plain

しかたないので、アルミホイルで代用します。

 

f:id:tmppppp12:20170204213901j:plain

さっそく酢飯をのせてみました。アルバイト時代は米と酢を混ぜ合わせて急速に冷ます専門の機械があったのですが、もちろん我が家にはありません。

 

そのため米がなにかと手にくっついてきます。んもう!!!と手をブンブンしたい気持ちは分かりますが、そんな時は水で手を濡らして応急処置をしましょう。

 

f:id:tmppppp12:20170204213922j:plain

最後に「のりしろ」部分を残しておくのがコツです。のりしろ前の米は壁のように少し高く盛っておきましょう。盛った米がうまく接着剤のような役割を果たし、格段に巻きやすくなります。

 

と、ここで玄関からガチャガチャと物音が…。

 

鬼、帰宅

「ただいま〜。もう、疲れたよ…。」

f:id:tmppppp12:20170204215712j:plain

やる気満々やん。

 

泊まりこみ含み、2日間フル稼働で働いてきてくれたイケさんが、義実家でお泊まり中だったココを連れて帰ってきました。

 

f:id:tmppppp12:20170204215614j:plain

私やうしまるを差し置いて、愛してやまないココとちゅーをしています。これが我が家の日常です。

 

さっそく巻いていきましょう!

イケさんも帰ってきたところで、お好みの具材をオンザライスします!

 

f:id:tmppppp12:20170204215644j:plain

きゅうり、玉子、めばちマグロ、のみ。せっかく蒸しエビやサーモンなど高い海鮮具材もそろえたというのに、イケさんのチョイスはたったこれだけ!

 

どうやら相当疲れていたらしく、恵方巻きのテンションではなかったらしい。

テンションあげてけよー!家族で初めての節分だぞー!

 

 

それでは気を取り直して、アルミホイルで巻いていきます!

いざ、尋常に、勝負…!!!

f:id:tmppppp12:20170204221520j:plain

てい!

 

f:id:tmppppp12:20170204221530j:plain

ててい!!!

 

f:id:tmppppp12:20170204221710j:plain

巻き簾のようにそう簡単にはいきません。海苔がアルミホイルにくっつく!うしまるも心配そうに見守ってくれています。

 

f:id:tmppppp12:20170204222411j:plain

苦闘の末、なんとかここまで巻くことができました。

 

f:id:tmppppp12:20170204222429j:plain

さっき言っていた「のりしろ」部分がこちら。ここでひと呼吸置くことによって、米が爆発して溢れるのを防いでくれるというわけです。

 

f:id:tmppppp12:20170204222441j:plain

f:id:tmppppp12:20170204222448j:plain

最後の一息は筒をさするように手の中に空間をつくり、人差し指と親指で横へのスライドを繰り返し、固めていきます。

 

できたー!!

f:id:tmppppp12:20170204222507j:plain

完成した恵方巻きがこちら。左が私の具材を全部のせした欲張り巻きで、右がイケさんのノリ悪い巻きです。

 

それでは、いっただっきまーす!!!

f:id:tmppppp12:20170204223719j:plain

おい、そこじゃない。

 

ていうか手しわくちゃだな。

 

f:id:tmppppp12:20170204223829j:plain

鬼、食べれない問題。

 

f:id:tmppppp12:20170204224214j:plain

キタさんは美味しくいただきました!

 

歳の数だけお豆を食べよう

f:id:tmppppp12:20170204225129j:plain

人生で初めてかもしれません、こんなにちゃんと節分感味わったの。それにしてもスーパーの鬼のお面、こわすぎません?

 

口の中青いしまじこわい。

 

f:id:tmppppp12:20170204225140j:plain

うしまるもこわいのかドン引き。

 

f:id:tmppppp12:20170204225229j:plain

ココはバーンでお腹見せるのに必死です!芸達者なココちゃん。

 

食いしん坊な愛犬たち

部屋を移動して、さっそく歳の数だけお豆を食べます。豆に群がる愛犬たち。

f:id:tmppppp12:20170204225708j:plain

めっちゃ見てる。

 

f:id:tmppppp12:20170204225650j:plain

うしまるココのことめっちゃ見てる。

あれ?眠くなっちゃった?

 

お豆はあげれませんが、何か食べだすといつもこの子たちは群がってきます。そして毎回ココに威嚇されるうしまる。

f:id:tmppppp12:20170204230213j:plain

惚れた女には勝てませんね。

 

私は24粒しっかり食べました!なんなら今日も残りの豆全部食べました!イケさんは10粒でギブ。最後までノリが悪いです。

 

最後に

なにはともあれ、家族で初めての楽しい節分を迎えることができました!

f:id:tmppppp12:20170204231007j:plain

来年は巻き簾を忘れず、もっともっとレベルアップした恵方巻きを作るぞー!

 

ちゃんちゃん。

真夜中のゆるゆるブログ、はじめました。

ご報告

f:id:tmppppp12:20170104004046j:plain

 

新年あけましておめでとうございます。

酉年なので栃木旅行の際に撮影したアヒルちゃんたちで失礼します。

 

 2016年中にブログを作成して、カスタマイズや解析ツールなどなどの設定をのんびりやっていたら年内に公開することができませんでした。

 

はじめてのことばかりでチンプンカンプンですが、中学生の時に自身のお絵描きサイトを運営していた力を信じて、なんとか頑張った結果、こんなブログができちゃいました。

 

 

どぅるどぅるるる…

 

どぅる、どぅ、どぅるる…

 

 

じゃじゃーん!

 

 

「真夜中のイケさんキタさん」(のんびりゆるゆるな雑記ブログだよー!)

 

何をパロっているかはわかる人にはわかるでしょう。ブログ名ダサいとか言わない。

 

 ということで、2017年は種を蒔いたこの「真夜中のイケさんキタさん」に水を注いで楽しい記事を掲載できるよう、がんばっていきたいと思います!

 

 おもに哲学的な日々思ったこと、映画のこと、旅のこと、家族のこと、などなど書いていきます。

 

ブログのデザイン仕様はフリーライターの真崎さんを意識しています。リスペクトゆえに。パクリとか言わないで。

 

 いまはまだ未熟者ですがちょっとずつデザインも凝ったものにできたらなーと思っているので、お付き合いのほど、よろしくお願いします!